ブログトップ
ポケモンカード ホロンの研究所
10月7日に「ポケモンカードゲーム ホロンの研究塔 1/2ハーフデッキ」
10月28日に「ポケモンカードゲーム 拡張パック ホロンの研究塔」が発売されます。

ホロンの研究塔は特殊な磁力が発生しておりそこに住むポケモンに大きな影響を与えています。
このポケモンたちはδ-デルタ種と呼ばれておりカードの名前の横にδ-デルタ種と書かれます。
ハーフデッキはサンダース・ブースター・シャワーズの3種類。
このハーフデッキにもδ-デルタ種は入っています。

δ-デルタ種とはどういうものか?
今までですとタツベイはノーマル。ミニリュウもノーマルです。
δ-デルタ種のタツベイは炎タイプ。ミニリュウは雷タイプとなっています。
特殊なのは弱点・抵抗力はノーマルのときと同じであることです。
またスターミーは水とエスパーの両方のタイプだったり水・エスパー単色だったのが今回は水と鋼タイプになっています。
これはおもしろいタイプの組み合わせです。
またδ-デルタ種は名前に含まれないのでミニリュウδ-デルタ種から普通のハクリュウに進化することも可能です。
δ-デルタ種名前に含まれないのでミニリュウδ-デルタ種とミニリュウは同じカードとみなしδ-デルタ種4枚、無印4枚をいれることはできません。
δ-デルタ種と無印あわせて4枚ということになります。

ピカチュウに変身した「雷」タイプのメタモンや、ヒトカゲに変身した「炎」タイプのメタモンなど、
基本属性6タイプを持つ「メタモン」のカードが登場するそうです。
また☆ポケモンは「カイオーガ☆」「グラードン☆」「メタグロス☆」
海王・グラードンが来たならレックウザかと思いきやレックウザ☆はもう既出なのでメタグロスになったのでしょう。

今回のホロンの研究塔で新しい戦略の幅が広がりそうです。


さて、私が今年絶賛したポケモン映画第8弾。「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ」の9月25日までの興行収入が41.1億円、観客動員数が393万人と発表されました。
最初は前作を上回る出足でしたが、後半は伸び悩んだ形となりましたが興収40億円の大台はクリアしており、とりあえず3作連続の40億円突破となりました。

去年のレックウザの影響でしょうか。
後半が伸び悩んだということなので他のアニメなど映画化とかぶったのが原因かもしれません。
なぜレックウザより収入が少なかったのか気になりますね。
ルカリオカチューシャを買えなかったのが未だ悔やまれます。
波動の勇者ルカリオのDVDが12月22日発売決定したそうです。
(DVD) 4179円(税込)
特典映像としてノンテロップオープニング・エンディング映像/登場ポケモンデータ集/イラスト設定集/アイディアスケッチ集/ピカチュウ・ザ・ムービー2005予告編
(ビデオ) 3990円(税込)

DVD、ビデオ共通初回封入特典 「ルカリオ&ミュウ シールセット」2枚組
[PR]
by hapinass | 2005-10-02 15:02 | ポケモン